• 印刷する

首都の車両ナンバー規制、年末まで延長

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)は、ジャカルタの主要道路で実施している、車両ナンバープレート末尾の偶数奇数による通行規制について、12月31日まで規制期間を延長すると明らかにした。当初はアジアパラ競技大会が閉幕する今月13日までを予定していた。

13日付地元各メディアによると、規制期間の延長は、車両ナンバーによる交通規制に関するジャカルタ特別州知事令『2018年第106号』に基づく措置。BPTJのバンバン長官は「近くジャカルタ州政府から正式な発表がある」と説明。年末の評価次第では、恒久的な措置とする方針も示した。

規制は平日の午前6時~午前10時と午後4時~午後8時に実施する。対象区間は、メダン・ムルデカ・バラット通り、タムリン通り、スディルマン通り、Sパルマン通りの一部、ガトットスブロト通り、H.R.ラスナサイド通り、MTハルヨノ通り、DIパンジャイタン通り、アフマッド・ヤニ通り。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ中心部の国鉄…(01/17)

与野党陣営の舌戦が本格化 大統領選、今夜第1回討論会実施(01/17)

18年の四輪新車販売、7%増の115万台(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

お好み焼き「千房」、1号店を27日オープン(01/17)

18年の訪日観光客、39.7万人で過去最高(01/17)

消費財キノ、森永現法の全株式の取得を完了(01/17)

宅配各社が相次ぎ値上げ、最大手は平均2割(01/17)

スリ財務相、世銀総裁候補との下馬評(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン