• 印刷する

9月の新車販売、11.6%減の239.4万台

中国自動車工業協会は12日、9月の中国の新車販売台数が前年同月比11.6%減の239万4,100台だったと発表した。減少率は春節(旧正月)の影響を受けた2月(11.1%減)を上回り、ここ数年で最大。月間販売台数の落ち込みは3カ月連続で、自動車市場の失速が鮮明となった。

内訳は乗用車が12.0%減の206万500台、商用車が8.4%減の33万3,600台と、いずれも前年を割り込んだ。

乗用車のセグメント別販売は◇セダン:13.4%減の100万5,900台◇スポーツタイプ多目的車(SUV):10.1%減の87万2,800台◇多目的車(MPV):11.4%減の14万7,000台◇クロスオーバー車(CUV):21.9%減の3万4,900台――。4大セグメントの販売が全てマイナスだった。

1~9月の新車販売は前年同期比1.5%増の2,049万600台。うち乗用車は0.6%増の1,725万9,700台、商用車は6.3%増の323万900台となった。乗用車のセグメント別販売は◇セダン:1.3%増の842万6,200台◇SUV:3.9%増の723万5,000台◇MPV:13.1%減の126万1,400台◇CUV:19.6%減の33万7,100台――だった。

自動車生産台数は9月が11.7%減の235万6,200台、1~9月の累計は0.9%増の2,049万1,300台だった。

自動車輸出台数は9月が1.1%増の8万4,000台、1~9月が30.9%増の81万4,000台となっている。

■NEV販売は54.8%増

9月のエコカー(新エネルギー車=NEV)販売台数は54.8%増の12万1,000台。うち電気自動車(EV)は47%増の9万4,000台、プラグインハイブリッド車(PHV)は90%増の2万7,000台だった。

1~9月は81.1%増の72万1,000台となり、内訳はEVが66.2%増の54万1,000台、PHVが146.9%増の18万1,000台だった。

NEVの生産台数は9月が64.4%増の12万7,000台、1~9月が73%増の73万5,000台だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

テイクオフ:「おまえもばかみたいに…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

双十一の宅配処理は4.2億件 記録更新、物流業後押し(11/13)

中国小米、スマホ市場に参入(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

双十一の取引額、海外輸入品では日本が首位(11/13)

VIC政府、中国一帯一路覚書の内容を公表(11/13)

受動部品の国巨、蘇州工場で大幅減産か(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン