中国が東南アのEC市場席巻 「ラザダ」台頭、2社で覇権争い

中国が東南アジアの電子商取引(EC)市場を席巻している。阿里巴巴集団(アリババグループ)が2年半前に買収したECサイト「ラザダ」のサイト閲覧数は、主要5カ国のうち4カ国でダントツ。騰訊(テンセント)が大株主となっているシンガポール企業が展開する「ショッピー」が…

関連国・地域: 中国タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン日本
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンでは、199…(03/26)

大塚製薬、SEAゲーム協賛 アジア大会に続きポカリ認知強化(03/26)

農林中央金庫、商銀大手BDOと業務提携(03/26)

25日為替:$1=52.520ペソ(↓)(03/26)

財閥SMの税還付申立て、請求額減額の判決(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

日産現法、4月1日から新社長に名嶋氏(03/26)

鉄鋼大手スチールアジア、初のカナダ輸出(03/26)

ニッケルアジア、18年は輸出拡大で増収増益(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン