• 印刷する

老舗百貨店で宮崎フェア、ガラス工芸展も

香港の老舗百貨店、裕華国貨で11日、宮崎県の物産展「宮崎フェア」と県出身のガラス工芸作家である黒木国昭氏の個展が始まった。会期は来月11日までの1カ月間。裕華国貨が日本関連の催し物を開催するのは今回が初めて。

九龍・佐敦(ジョーダン)の本店で開かれている物産展では、県産の菓子や調味料、工芸品、県のゆるキャラ「みやざき犬」のグッズなど約130点を扱う。このうち、マンゴーや日向夏のドレッシングなどが香港で初の取り扱いとなる。

宮崎県香港事務所の殿所大明(とのところ・ひろあき)代表は、「宮崎牛やかんしょは香港で認知度をある程度高めているが、菓子類や木を使った工芸品などがあることも知ってもらいたい」と説明。宮崎県を知って、訪れてもらい、食や観光体験をしてもらえたらと語った。

物産展は店舗入り口すぐの場所で開かれ、初日から多くの人が商品を手に取っていた。試食をふるまっていた店員によると、香港でもよく食べられているマンゴーの菓子類が好評という。土日にはさらに多くの人でにぎわうとの見方を示した。

11日に開かれたオープニングセレモニーには黒木氏も登壇し、個展を通じた香港との交流を期待した。ガラス工芸展では販売も行う。ステージでは、書道家の今井美恵子氏によるパフォーマンスも行われた。

裕華国貨は1959年の開業。本店は2015年に大型改装を終えリニューアルオープンした。香港らしい工芸品や雑貨、高級宝飾品などを多く扱っているのが特長で、客層は香港市民や中国本土客が大半を占めるという。県としては地元客へのPRになると期待している。

宮崎フェアは、香港の日本総領事館が開催する「日本秋祭in香港」のイベントのひとつとして認定されている。

老舗百貨店の裕華国貨で宮崎フェアが始まった=11日、ジョーダン(NNA撮影)

老舗百貨店の裕華国貨で宮崎フェアが始まった=11日、ジョーダン(NNA撮影)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン