• 印刷する

首都圏の高速道2区間、政府が値上げを検討

インドネシアの公共事業・国民住宅省の高速道路統制庁(BPJT)は、道路公団ジャサ・マルガが運営する首都圏の高速道路2区間について、料金改定を検討していると明らかにした。2年ごとに行われる料金改定の一環。値上げ幅は決まっていない。8日付インベストール・デーリーが伝えた。

料金改定の対象区間は、首都郊外のスカルノ・ハッタ空港とジャカルタ北部を結ぶセディヤトモ高速道路(14.3キロメートル)と、ジャカルタと東部の工業地域を結ぶチカンペック高速道路(83キロ)の2区間。2年ごとの料金改定規定に照らせば、いずれも今月半ばまでに新料金が適用される。

ジャサ・マルガは既に料金改定を申請している。現在は当局が、値上げを認可するに値する最低サービス基準を満たしているかどうかを審査している。

高速道路料金は、高速道路法『2004年第38号』に基づき、各地域のインフレ率などを考慮して2年ごとに改定することになっている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週の土曜日、ジャカル…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

東海電子、飲酒検知器の市場参入機会探る(03/21)

24日から大統領選のキャンペーンが解禁(03/21)

ジョコ大統領の支持率49%に、コンパス紙(03/21)

西ジャワ新空港、2都市結ぶ鉄道敷設へ(03/21)

ライオン・パーセル、宅配に鉄道利用促進(03/21)

首都圏のインフラに10年で4.5兆円=大統領(03/21)

中国に911億ドルの投資誘致、一帯一路で(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン