• 印刷する

FMI、シャン州で病院取得=国内5施設に

ミャンマーの財閥系持ち株会社ファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)の子会社、パンライン・インターナショナル病院とヨマ・シロアム病院パンライン(YSHPH)は、北東部シャン州タウンジーのセイン(SEIN)病院の株式70%を取得した。取得額は490万米ドル(約5億5,800万円)。

ヤンゴン証券取引所(YSX)への届け出によると、株式の取得は9月28日に完了しており、セイン病院はパンライン・シロアム病院へ改称する。セイン病院は現在、100床。一次~二次医療を手掛けている。

今後はYSHPHが7割、セイン病院が3割を出資する合弁会社を設立し、病床数の拡大や医療設備の拡充を図る。

セイン病院の取得に伴い、国内のパンライン・シロアム病院は計5カ所に増加する。最大都市ヤンゴンのラインタヤ郡区に病床数170の旗艦病院を構えるほか、中心部とタンリン郡区のスター・シティーでは診療所を1カ所ずつ運営。第2都市マンダレーにも病院を置く。

YSHPHには、FMIが6割、パンライン・シロアム病院を運営するインドネシア系リッポー・ホールディング・カンパニーが4割を、それぞれ出資する。


関連国・地域: ミャンマーインドネシア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ICJ仮処分対応で初報告 人権団体は「不十分」と非難(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

財政赤字補てん、中銀からの借入比率が減(05/26)

製造業への認可件数が1割増、19年度(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

マグウェー、工場など1000カ所が営業再開(05/26)

治癒者6割超、累計201人のまま=25日午前(05/26)

「アビガン」100人分、日本から引き渡し(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン