• 印刷する

テイクオフ:インドネシア語で「竹の…

インドネシア語で「竹の国」と言えば中国を指す。その国の特徴を修飾語にして、「~の国」と書くのは、同じ単語の繰り返しを避けるためなのか、新聞記事でも頻繁に見かける。

観光関連の文章ではまれに中国を「長城の国」とも書く。日本は「日出(い)づる国」や「桜の国」など。「おしんの国」というのもあるらしいが、まだ実例を目にしたことはない。タイは「白象の国」、ロシアは「赤熊の国」など英語でも使われる呼称はだいたい国を想像することができる。

知識がないとなかなか連想できないのが「サムおじさんの国」と「ホーおじさんの国」。星条旗の3色を身にまとったサムおじさんは経済記事でも目にすることが多いが、ホーおじさんはなかなかお目にかかれない。かつてサムおじさんと険悪な仲だったホーおじさん、ピンとくる人はどれほどいるだろうか。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

資源大手メドコ、英企業の買収額を引き上げ(03/22)

ライオンエア、IPOで10億ドル調達か(03/22)

EUに輸入規制で報復を検討 WTOに提訴も、パーム油規制で(03/22)

ASEAN6カ国の外食業界団体が協力(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

政策金利6%で据え置き、4カ月連続(03/22)

ボルボ、展示会で新型バス2種を発売(03/22)

バイクタクシー運転手の月収、最低賃金以上(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン