• 印刷する

テイクオフ:インドネシア語で「竹の…

インドネシア語で「竹の国」と言えば中国を指す。その国の特徴を修飾語にして、「~の国」と書くのは、同じ単語の繰り返しを避けるためなのか、新聞記事でも頻繁に見かける。

観光関連の文章ではまれに中国を「長城の国」とも書く。日本は「日出(い)づる国」や「桜の国」など。「おしんの国」というのもあるらしいが、まだ実例を目にしたことはない。タイは「白象の国」、ロシアは「赤熊の国」など英語でも使われる呼称はだいたい国を想像することができる。

知識がないとなかなか連想できないのが「サムおじさんの国」と「ホーおじさんの国」。星条旗の3色を身にまとったサムおじさんは経済記事でも目にすることが多いが、ホーおじさんはなかなかお目にかかれない。かつてサムおじさんと険悪な仲だったホーおじさん、ピンとくる人はどれほどいるだろうか。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/19)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/19)

タックスホリデー8社に付与、財務相発表(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン