• 印刷する

サプラインダストリアル、日系と合弁で覚書

マレーシアの自動車部品製造サプラ・インダストリアルは2日、和田製作所(愛知県清須市)とエアロ(愛知県弥富市)の3社で、航空部品製造の合弁会社を設立する覚書(MOU)を締結したと発表した。マレーシアでの設立を検討している。

和田製作所は宇宙航空機器の治具設計・製造、部品製造を主業務とし、エアロは構造組立や艤装(ぎそう)、塗装を手掛ける関連会社。ともに三菱重工業が主要取引先。

MOUは、合弁設立に向けて3社の将来的な成長と関係強化を目的に結ばれた。法的拘束力や義務は発生せず、相互の信頼関係を表すものと位置付けている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: その他製造運輸

その他記事

すべての文頭を開く

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

精密部品のUWC、ブルサ上場で承認(04/26)

ハイテクパドゥ、ペナンの駐車システム受注(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン