• 印刷する

配車ファストゴー、東南ア2カ国に進出へ

配車アプリ事業を手がけるベトナムのファストゴー(FastGo)は、年内にインドネシアとミャンマーに進出する計画を明らかにした。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が1日に伝えた。

グエン・ヒュー・トゥアット社長兼最高経営責任者(CEO)によると、インドネシアでは配車アプリ市場でシェア30%獲得を、ミャンマーでは最大手のグラブに次ぐ業界2位を目指す。それぞれの市場で既に戦略的パートナーを見つけ、サービス提供の開始に向けた準備を進めているという。同社長は、2019年第1四半期(1~3月)までに5,000万米ドル(約57億円)を調達し、これら2カ国に続いて、フィリピンやカンボジア、タイにも進出したい考えを明らかにした。

フィンテック(ITを活用した金融サービス)企業ネクストテックの傘下企業として設立されたファストゴーは、6月にベトナムの配車アプリ市場に正式に参入。ハノイとホーチミン市で事業を開始した。先月には、英系ファンド運用会社ビナキャピタル・ベンチャーズから出資を受ける契約に調印し、中部ダナン市にも進出した。

現在、ドライバー登録数は3万人余りで、同社のアプリをダウンロードした人は15万人近くに上り、うちサービスを1回でも利用したことがある人は4万人に上るという。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアインドネシアフィリピン
関連業種: 運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン