ジョージケント、LRT中断で中間売上3割減

英系エンジニアリング大手ジョージ・ケント(マレーシア)が26日に発表した2018年中間決算は、売上高が前年同期比32.9%減の2億1,270万リンギ(約58億円)、純利益は5.1%増の4,612万リンギだった。 同社は減収の理由として、受注していたマレーシア首都圏のLRT(軽量高架鉄道…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジョ州有毒ガス、発生源の3工場特定か(07/19)

宅配オネストビーが国内事業停止、22日から(07/19)

上半期の新車販売は2.3%増 年間目標60万台は維持、自工会(07/19)

6月の新車販売、大祭休暇で前年比34%減(07/19)

日野自、大型トラックのセミオートマ車発売(07/19)

マツダ、第7世代の「マツダ3」を投入(07/19)

仏PSAが東南アへ輸出開始、比皮切りに(07/19)

RM=26.1円、$=4.11RM(18日)(07/19)

中国と話し合い準備あり、差し押さえで首相(07/19)

今年輸出額1兆リンギ超えへ、貿易産業相(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン