水道水の44%、マイクロプラを含有=環保署

台湾の行政院環境保護署(環保署)は25日、域内の浄水場などを対象に実施したマイクロプラスチックの含有量調査の結果を初めて公表した。同署によると、調査サンプルの大半でマイクロプラスチックが検出され、市民の飲用水にもなる浄水後の水道水サンプルでの検出率は44%に達した…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アジア駐在員家賃、10都市中4都市で低下(21:18)

上場企業の20年対中利益、過去最高の4500億元(19:41)

《安全》新型コロナ感染者、1067人に(17:42)

テイクオフ:日本は果物が高いから、…(04/14)

ビンファスト、米上場を検討 2Qにも、20億ドル超調達か(04/14)

工作機械輸出、3月は横ばい 1Qはプラスもトップ3から脱落(04/14)

TSMCトップ、米の新工場成功に意欲(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン