• 印刷する

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破

ホンダのインド二輪法人、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は24日、二輪車の輸出が累計200万台を突破したと発表した。HMSIは2001年にスクーター「アクティバ」の輸出を開始し、15年に累計輸出100万台を達成。その後3年間で再び100万台を輸出した。

HMSIは現在、アジア太平洋地域と中南米、中東、欧州の28カ国・地域に向けて16モデルの二輪車を輸出している。200万台の達成には、中南米の国々と南アジア地域協力連合(SAARC)加盟国の需要が貢献した。

HMSIはスクーターの輸出ではインド国内首位で、63%のシェアを占めているという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車購入者の7割、サブスクを知らず(04/16)

デリー、週末に外出禁止措置(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

デリー政府、ホテルをコロナ病院に転換(04/16)

ラジャスタン州、夜間外出禁止を全域に拡大(04/16)

双竜自の更生手続き開始、ソウル回生裁判所(04/16)

コロナ対策の経済損失、週当たり12.5億ドル(04/16)

ホンダ二輪が海外事業新組織、輸出強化へ(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン