• 印刷する

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破

ホンダのインド二輪法人、ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は24日、二輪車の輸出が累計200万台を突破したと発表した。HMSIは2001年にスクーター「アクティバ」の輸出を開始し、15年に累計輸出100万台を達成。その後3年間で再び100万台を輸出した。

HMSIは現在、アジア太平洋地域と中南米、中東、欧州の28カ国・地域に向けて16モデルの二輪車を輸出している。200万台の達成には、中南米の国々と南アジア地域協力連合(SAARC)加盟国の需要が貢献した。

HMSIはスクーターの輸出ではインド国内首位で、63%のシェアを占めているという。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デリー空港、社会的距離確保にセンサー設置(16:44)

コロナ感染者2人増、印製ワクチン調達検討(01/20)

テイクオフ:インターネットの普及に…(01/20)

21年の日系昇給率8%予測 未定4割、人件費増が切実な課題(01/20)

米GM工場の労組、補償求め退職案を拒否(01/20)

車各社が値上げ、製造コスト上昇で(01/20)

車部品ヒーロー、英同業の株式取得(01/20)

マザーサン傘下企業、トルコ同業を買収(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン