• 印刷する

C5サウスリンクの第1期、来年3月に完工

フィリピンの複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)はこのほど、マニラ首都圏の環状道路5号線(C5)とマニラ・カビテ高速道路(CAVITEX)に接続するC5サウスリンク高速道路の第1期を、2019年3月末までに完工する予定だと明らかにした。22日付スターなどが伝えた。

C5サウスリンク高速道路は総延長7.7キロメートルで、総事業費は約100億ペソ(約208億円)。両側6車線を整備する。第1期は2.2キロで、事業費は25億ペソ。全線開通は21年を目指す。完成すれば、マニラ首都圏パラニャーケ市、ラスピニャス市、カビテ州からC5へ直接アクセスできるようになり、タギッグ市までを、これまでの90分から20~30分に短縮する。

工事に伴う影響で9月29日~11月22日まで、南部ルソン高速道路(SLEX)と有料道路スカイウエーのニコラス・トール・プラザ―ビクタン間では午後10時~午前4時に、15分間隔の交通規制が敷かれる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あのー、この場所に行…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

島津製、比を基板中核拠点に 工場拡張、高齢化など追い風(01/28)

新型肺炎の疑い11人、全て外国人=保健省(01/28)

マニラ空港の改修協議、不動産税が障害に(01/28)

Fジェン、ヌエバエシハで揚水水力発電計画(01/28)

ラグナ州の揚水発電事業、海外2社が関心(01/28)

石油5社、燃料物品税の徴収額引き上げ(01/28)

EU、比を知財権監視リストから初除外(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン