• 印刷する

筑波大マハティール首相に訪日要請、分校も

筑波大学は20日、クアラルンプール市内のマレーシア工科大(UTM)キャンパスを訪れたマハティール首相に対し、茨城県つくば市と同大への訪問を要請する親書を手渡した。マレーシアへの分校設置も視野に入れている。

筑波大の関係者によると、日本の最先端研究と学園都市を紹介する目的で、マハティール首相の訪日を要請している。早ければ、今年11月中旬の訪問で調整しているという。

筑波大はまた、マレーシアでの分校設置にも関心を示している。関係者によると、マレーシア政府から日本政府に対し、文系と理系を融合したリベラルアーツ型の大学設置に関する打診があったという。候補地は、首都クアラルンプール近郊のほか、大学都市を建設中のジョホール州パゴー、ペラ州などで検討している。

マハティール首相は先月、大分県の立命館アジア太平洋大学を訪問し、マレーシアへの分校設置希望を述べていた。

■「恥」が成功への鍵=首相

マハティール首相は同日、UTMのキャンパスで学生向けに特別講義を実施。日本とマレーシアの「恥の文化」に触れ、「日本人は失敗を恥だと感じるが、マレーシア人は失敗しても恥ずかしがらず笑って済ませようとする。恥の文化を育てることこそが、東南アジアを成功に導く道だ」と主張した。

UTMには日本式の工学教育を行う大学としてマレーシア日本国際工科院(MJIIT)が設置されている。MJIITでは同日、日本の文化を紹介する「ジャパン・デー」が開催された。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビの中のキャスター…(12/19)

11月の新車販売1.8%減 乗用車、2カ月連続4万台超え(12/19)

日産、タンチョンとの合弁を来年9月に解消(12/19)

RM=26.9円、$=4.17RM(18日)(12/19)

スコミ、ムンバイのモノレールで契約解除(12/19)

金融CIMB、高速運営PLUSに法的措置(12/19)

タクシー専用配車アプリ、2種類登場(12/19)

投資WZサトゥ、複線電化で1.3億リンギ受注(12/19)

公営住宅の賃貸契約期間、外国人は最長2年に(12/19)

EPFとPNB、英バタシー2期買収完了へ(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン