• 印刷する

アディダスが店舗網拡大、40都市に出店

ドイツ系スポーツ用品大手のアディダス・インディアは、インド国内の出店を加速する。「ティア1」「ティア2」に分類される大都市・中規模都市など40都市に出店する方針だ。ビジネス・ライン(電子版)が18日伝えた。

アディダスはここ数年、店舗運営の見直しや店舗改修を行ってきた。出店の態勢が整ったとして、1年に50~60店の新規出店や店舗改修を行う。来年までに現行4店ある直営店を8店舗に増やす。さらに、競技場をモチーフとした新型店舗を首都ニューデリーに開く予定だ。将来的に同店舗を4~5店舗まで増やすという。現在、インド国内では、アディダスは450店、傘下のリーボック・インディアは220店を展開している。

デイブ・トーマス社長は「2017/18年度(17年4月~18年3月)は、昨年7月に導入された物品・サービス税(GST)の影響で消費が落ち込み、成長が鈍化した。18/19年度は積極的に攻勢に出る」と説明した。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

技能移民プログラム、不足の職種を公表(16:29)

テイクオフ:東南アジアに暮らしてい…(10/18)

住宅供給、7~9月は急減速 消費者が完成済み物件好む傾向も(10/18)

西川ゴムが南ア進出、インド企業との提携で(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

ベンガルール電力公社、EV充電施設を新設(10/18)

二輪ヒーロー、上期は増収減益(10/18)

ホンダジェット、インドで飛行可能に(10/18)

農機TAFE、2工場で生産能力を増強(10/18)

アダニ初の軍需品工場、月内稼働(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン