• 印刷する

8月の訪日フィリピン人、16%増の2.5万人

日本政府観光局(JNTO)は19日、2018年8月の訪日フィリピン人(推計値)が前年同月比15.9%増の2万4,700人だったと発表した。8月としては過去最高を記録した。

航空各社の増便や新規就航により航空座席の供給量が増加したことや、8月21日(火)が祝日となり4連休も可能だったことが貢献し、堅調な伸びを示した。

8月の訪日外国人の総数は4.1%増の257万7,800人で、8月としては過去最高だった。航空路線の拡充や、継続的に展開する訪日旅行プロモーションが奏功した。一方、7月に西日本を襲った豪雨の影響で、東アジア市場の一部で訪日需要が抑えられ、伸びは鈍化した。

国・地域別では、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録したほか、16カ国・地域が8月として過去最高となった。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「シャチョー」「エクス…(03/25)

18年の自動車生産8万台弱に 44%減で東南ア唯一のマイナス(03/25)

台湾二輪キムコ、電動スクーターお披露目(03/25)

仮想通貨のATM設置、中銀が登録義務付け(03/25)

22日為替:$1=52.320ペソ(↑)(03/25)

食品URC、ダバオ製粉所の能力3倍に増強(03/25)

外食マックス、18年は8%増収(03/25)

ルシオ・タン氏ら創設の航空学校が開校(03/25)

例年より早い乾期入り、エルニーニョ影響で(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン