• 印刷する

8月の訪日フィリピン人、16%増の2.5万人

日本政府観光局(JNTO)は19日、2018年8月の訪日フィリピン人(推計値)が前年同月比15.9%増の2万4,700人だったと発表した。8月としては過去最高を記録した。

航空各社の増便や新規就航により航空座席の供給量が増加したことや、8月21日(火)が祝日となり4連休も可能だったことが貢献し、堅調な伸びを示した。

8月の訪日外国人の総数は4.1%増の257万7,800人で、8月としては過去最高だった。航空路線の拡充や、継続的に展開する訪日旅行プロモーションが奏功した。一方、7月に西日本を襲った豪雨の影響で、東アジア市場の一部で訪日需要が抑えられ、伸びは鈍化した。

国・地域別では、イタリア、スペインが単月として過去最高を記録したほか、16カ国・地域が8月として過去最高となった。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

民間航空庁、国内各空港で年末特別態勢(15:14)

小売りアルファマート、来年200店を開設(14:51)

中国のオンライン英会話、比人教師10万人へ(14:51)

テイクオフ:フィリピンのトランスジ…(12/13)

【モバイル決済元年】グラブ参入で3強時代へ 1億人市場で覇権争い(12/13)

小売りへの外資参入障壁緩和、下院委が承認(12/13)

今年成長率は6.4%、ADBが予測据え置き(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

保険料収入、1~9月は18%増加(12/13)

商銀PNB、初のデジタル支店開業(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン