• 印刷する

出光興産、広州子会社の生産能力増強

出光興産は18日、広州市の製造子会社、出光複合工程塑料(広州)(ICG)の生産能力を増強すると発表した。エンジニアリングプラスチックのコンパウンド製品の年産能力を2万トンから2万5,000トンに引き上げる。今年12月に完工する予定。

中国では自動車産業をはじめとする各産業で、エンジニアリングプラスチックの需要が増加しているため、これに対応する。出光興産によると、同社のエンジニアリングプラスチックは近年、自動車分野での需要が高まっており、年率約10%の伸びを示しているという。

ICGは2008年3月の設立。資本金は1,700万米ドル(約19億円)で、出光興産が100%出資している。主に中国やアジア圏向けにエンジニアリングプラスチック(ポリカーボネート、シンジオタクチックポリスチレン)のコンパウンド製品を生産している。同製品は自動車電装部品やOA機器外装部品に使用される。


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: 自動車・二輪車電機化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

宅配便取扱量、1~9月は27%増の347億件(15:00)

星野リゾートが香港でPR 「重要な市場」、外国人利用増へ(10/18)

テイクオフ:知人の鉄道マニアと中国…(10/18)

海南自貿区の基本計画を発表 習主席肝いり、自由貿易港へ布石(10/18)

緯創が中国EV向け部品拡大、蔚来の出荷増で(10/18)

港珠澳大橋、23日に開通式典=香港報道(10/18)

企業分類の制度を緩和、増値税輸出還付(10/18)

中国輸入博に大規模訪問団を派遣(10/18)

中国長城汽車、21~22年にインドに本格進出(10/18)

中国企業の海外投資、1~9月は5.1%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン