• 印刷する

テイクオフ:香港の人気漫画「老夫子…

香港の人気漫画「老夫子(オールド・マスターQ)」の作者、王家禧氏が亡くなった昨年1月。同時期にやっていた老夫子作品展へ行こうと思い立ち、会場である香港島・湾仔の「動漫基地」へ足を伸ばした。

駅からの道は商店が密集し、車のクラクションやトラムの走る音が入り交じる。通りを曲がると、周囲から明らかに浮いている洋風建築がそびえ立つ。それが動漫基地だった。これまでの喧騒(けんそう)がうそのような落ち着いた内装。吹き抜けの壁一面を利用した巨大なポスターや大型電子パネルの展示は、作品がいかに愛されていたかを教えてくれた。

政府の肝いりだったこの施設は、今年7月末に契約が切れて閉鎖となった。趣のある建物と周囲との格差が何とも香港らしかった、隠れた名建築。政府によるアニメ・漫画産業の今後の支援策に期待しながら、再度の開館をひっそり待ちわびている。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビールを片手に、手すり…(10/22)

日本からの投資3分野に期待 行政長官、イノベ・建設など(10/22)

香港長官、独立派容認せず=言論の自由無関係(10/22)

7~9月の失業率、6期横ばいの2.8%(10/22)

韓国投資証券、香港法人を有償増資(10/22)

新鴻基、騰訊と戦略提携=スマホ決済普及へ(10/22)

UBS幹部、本土で拘束か=出張回避も(10/22)

反発、主力銘柄に買い=香港株式(10/22)

HKEX、前海の商品取引センターを開業(10/22)

愛之味、ネスレ飲料を年内に香港で発売(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン