• 印刷する

8月輸出は5%増、前月から伸び鈍化

シンガポール企業庁(エンタープライズ・シンガポール)が17日発表した8月の輸出額(NODX、石油と再輸出は除く)は、前年同月比5.0%増の156億7,860万Sドル(約1兆2,774億円)だった。7月の11.0%増(改定値)から伸びは減速。電子製品がマイナスとなったほか、非電子製品も増勢が鈍化した。前月比(季節調整済み)では0.4%増だった。

NODXの約7割を占める非電子製品は、前年同月比7.8%増の112億4,680万Sドル。7月は18.6%増だった。加工食品は82.8%増と大幅に伸びたものの、前月に2.1倍となっていた医薬品が33.4%増に減速。石油化学は3.4%増だった。

電子製品は1.5%減の44億3,170万Sドルとなり、7月の5.8%減から下落幅が縮小。ただ9カ月連続でマイナスとなっている。パソコン(PC)は11.8%増と好調だった一方、ダイオード・トランジスタは28.8%減に落ち込んだ。

■中国向け輸出は18%減

輸出先の上位10カ国・地域を見ると、4カ国・地域で輸出額が前年同月を下回った。1位の中国は17.8%減の22億230万Sドルと2桁マイナスを記録。10位の韓国は33.4%減の5億2,410万Sドルと7月(33.3%減)に引き続き不振だった。8位の日本は0.4%減の8億3,000万Sドル。7月は53.9%増と大幅に伸長していた。

2位の米国は好調で29.3%増の18億6,140万Sドル。加工食品、医薬品、計測機器の輸出が伸びた。3位の欧州連合(EU)は14.1%増の17億6,380万Sドル。医薬品、集積回路(IC)、加工食品がけん引役となった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

医療技術の新拠点開設、新興企業向けに(15:08)

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

東南アでテクノロジー投資活発 中国からシフト、上期は過去最多(08/20)

シェルが給油所でEV充電設備、東南アジア初(08/20)

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(08/20)

データセンター競争力、世界3位=C&W調査(08/20)

首都にスマートシティー、シンガ企業が計画(08/20)

AIアントワークス、文書管理の指南書提供(08/20)

大中華圏の利益が5年で3倍、OCBC銀(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン