• 印刷する

豪首相、高齢者介護業界対象に王立委立上げ

オーストラリアのモリソン首相は17日までに、高齢者介護業界の問題を調査する王立委員会の設置を発表した。高齢者介護施設や訪問介護サービスの質などを中心に、支援が必要で高齢者介護施設に居住する若年層へのサービスも対象として精査する。地元各紙が伝えた。

モリソン首相は、ハント保健相やワイアット高齢者介護相とともに、王立委員会の立ち上げを明らかにした。政府が把握する高齢者介護施設の問題は、過去1年間に170%増となっている。

モリソン首相は、南オーストラリア州オークデンの高齢者を対象とした介護施設が約1年前に閉鎖したことを指摘。同施設はメンタルヘルス専門の高齢者介護施設だったが、10年前から職員が入所者を虐待していたことが発覚し、同州政府が調査に入り、入所者がほかの類似施設に移っていた。

与党保守連合(自由党・国民党)は問題を受け、2017年に高齢者介護部門のサービス内容や安全を監督する委員会の設置や規制変更を実施していた。

連邦政府は委員会の報告を元に、これまで1カ月に1カ所のペースで、高齢者介護施設に問題があるとして閉鎖を命じている。

連邦政府によれば、高齢者介護産業への補助金は2017/18年度だけで186億豪ドル(約1兆4,906億円)規模と、過去最高に上る。今後5年間に連邦政府の拠出は236億豪ドルに拡大する見込みだ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で一時期話題になっ…(02/22)

QLD州でガスが足りない! 25年までにLNGフル稼働困難(02/22)

FMG66%増益、鉄鉱石価格上昇と需要増で(02/22)

グレンコアが石炭生産制限、投資家の圧力で(02/22)

豪1月失業率、5.0%で横ばい(02/22)

税回避タスクフォース、総額77億ドルを徴収(02/22)

〔政治スポットライト〕前外相が議員辞職、次期選挙出馬せず(02/22)

R&D税控除制度、政府がガイドライン発表(02/22)

ペルーとの貿易協定遅延、豪労働党が再交渉(02/22)

〔ポッサムのつぶやき〕豪裁判所、ビザ不服申立て未処理6万件超(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン