• 印刷する

中国ジンコ、太陽光市場への進出検討

中国の太陽光モジュール大手ジンコソーラー(晶科能源)が、カンボジア進出を視野に入れている。世界有数の日照時間を誇る気象条件や電源の多様化を図る必要性などから、太陽光発電の有望性が高いとみている。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

ジンコソーラーのワレン・リー事業開発担当マネジャーは、カンボジアのピーク時の日照時間は平均5.8時間と、世界有数の長さに達していることに言及。カンボジアの太陽光発電市場の将来性は極めて高いと指摘した。

カンボジアは電源を石炭火力と水力発電に依存し、タイやベトナムなどから電力を輸入している。ジンコは、不安定な供給問題や電気料金の高さなどの解消に、太陽光発電の導入はカンボジアにとって大きな利益をもたらすとの見方を示している。

カンボジア電力庁(EAC)によると、国内の再生可能エネルギーによる発電量は72メガワット(MW)にとどまる。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

コッコンの探鉱大型投資、首相が却下(12/18)

消費者保護法、19年初めにも閣議承認(12/18)

地方開発銀、無農薬野菜農家に融資へ(12/18)

沿岸4州を観光開発、空港など整備(12/18)

生産性向上へ基本計画提案 国際機関APO、年5.2%引上げ(12/17)

日本郵便、国際eパケライトの取扱国拡大(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン