• 印刷する

ペトロナス、ブラジルに潤滑油研究拠点

マレーシアの国営石油会社ペトロナスは12日、潤滑油子会社のペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナル(PLI)がブラジル南東部ミナスジェライス州コンタジェンにある既存の調合工場に研究技術センターを開設したと発表した。投資額は800万米ドル(約8億9,500万円)。

研究技術センターの面積は2,400平方メートルで、「ISO17025認証」に対応した実験室など最新の設備を備え、工業用流体、潤滑油、潤滑剤の開発を行う。

PLIの研究技術センターは中国、マレーシア、南アフリカ、北米に続くもの。このほか、イタリアのトリノには今年3月、グループレベルのグローバル研究技術センターが設置されたばかりだ。


関連国・地域: マレーシア中南米
関連業種: 化学天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小さい頃からマンション…(10/18)

ASEAN、域内貿易が縮小傾向 過去5年で1.5ポイント減の23%(10/18)

環境展、東京都が水素社会に向けた取組紹介(10/18)

RM=27.0円、$=4.15RM(17日)(10/18)

ダイナパック、段ボールメーカーを買収(10/18)

ネクストグリーン、パハン工業団地に新規投資(10/18)

セルバ、ラオスの水力発電でOHPを買収(10/18)

TNG、英越境決済会社の6割株取得(10/18)

日本提唱のアジア旅客機構想、マも参加意欲(10/18)

空港のVIPレーンに税関設置、密輸防止で(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン