• 印刷する

ペトロナス、ブラジルに潤滑油研究拠点

マレーシアの国営石油会社ペトロナスは12日、潤滑油子会社のペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナル(PLI)がブラジル南東部ミナスジェライス州コンタジェンにある既存の調合工場に研究技術センターを開設したと発表した。投資額は800万米ドル(約8億9,500万円)。

研究技術センターの面積は2,400平方メートルで、「ISO17025認証」に対応した実験室など最新の設備を備え、工業用流体、潤滑油、潤滑剤の開発を行う。

PLIの研究技術センターは中国、マレーシア、南アフリカ、北米に続くもの。このほか、イタリアのトリノには今年3月、グループレベルのグローバル研究技術センターが設置されたばかりだ。


関連国・地域: マレーシア中南米
関連業種: 化学天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:100年以上の歴史があ…(08/20)

上期FDI認可額は97%増 米中摩擦で製造中心に米から拡大(08/20)

7月の新車販売、ベース効果で26%減(08/20)

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(08/20)

豪ライナスの操業延長、首相「問題なし」(08/20)

RM1=25.5円、$1=4.17RM(19日)(08/20)

外国人投資家のマレーシア株売り続く(08/20)

クラウドなどでの資金調達、4.3億リンギに(08/20)

小口金融ヘイマン、メイバンクから資金調達(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン