• 印刷する

国鉄が22年までに完全電化、政府が承認

インド国鉄の路線網が、2021/22年度(21年4月~22年3月)までに完全電化される見通しだ。未電化の108区間の電化計画を、政府が12日の閣議で承認した。

インド国鉄の路線網の総延長は6万6,000キロメートル前後で、50%弱は既に電化されている。このほか約2万キロの区間で工事が進行中だ。新たに承認された区間の総延長は1万3,000キロ余り。工費は約1,213億ルピー(約1,900億円)と見込まれている。

路線網の電化では、国鉄の輸送能力と列車の運行速度の向上が見込まれる。国鉄は年間で約283億リットルの軽油を燃料に使用しており、事業費は1,350億ルピー圧縮される見通しだ。温室効果ガスの排出削減で、環境負荷も軽減する。政府によると、一連の工事では約2億400万人日(にんにち)の直接雇用が生まれる見通しだ。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの人たちは何かと…(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

GM、インド最後の工場をJSWに売却か(09/26)

独VW、プネに印3カ所目の配送センター(09/26)

ホンダ二輪、インドからの輸出200万台突破(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

中国電動バイクの新日、インド工場設置へ(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

鉄鋼タタ、ウシャマーティンと供給契約(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン