• 印刷する

国鉄が22年までに完全電化、政府が承認

インド国鉄の路線網が、2021/22年度(21年4月~22年3月)までに完全電化される見通しだ。未電化の108区間の電化計画を、政府が12日の閣議で承認した。

インド国鉄の路線網の総延長は6万6,000キロメートル前後で、50%弱は既に電化されている。このほか約2万キロの区間で工事が進行中だ。新たに承認された区間の総延長は1万3,000キロ余り。工費は約1,213億ルピー(約1,900億円)と見込まれている。

路線網の電化では、国鉄の輸送能力と列車の運行速度の向上が見込まれる。国鉄は年間で約283億リットルの軽油を燃料に使用しており、事業費は1,350億ルピー圧縮される見通しだ。温室効果ガスの排出削減で、環境負荷も軽減する。政府によると、一連の工事では約2億400万人日(にんにち)の直接雇用が生まれる見通しだ。


関連国・地域: インド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜のデリー空港。入国…(03/27)

車サービスに新興企業が参入 移動の多様化(上)、狙いは近距離(03/27)

EV充電施設、首都の131カ所に設置へ(03/27)

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結(03/27)

セブンイレブン、ムンバイに8店舗を設置へ(03/27)

ジンダル、直接還元鉄プラントの操業再開(03/27)

電力インフラのカルパタル、北欧の同業買収(03/27)

エネルギー転換ランク、印は76位に上昇(03/27)

建設L&T、建物と水処理で大型受注7件(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン