• 印刷する

中国人の海外旅行先、上半期はタイが1位

中国・国家観光局傘下のシンクタンクである中国旅遊研究院(China Tourism Academy)と、中国の大手オンライン旅行会社(OTA)の携程旅行網(シートリップ、Ctrip)が共同で実施した調査によると、今年上半期(1~6月)の中国人の海外旅行先は、タイが引き続き首位だった。13日付バンコクポストが報じた。

海外旅行者数は前年同期比15%増の7,130万人で、中国の200以上の都市から130カ国・地域に旅行した。人気の旅行先は順にタイ、日本、ベトナム、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、ロシア、米国、カンボジア。旅行者が急増しているのは、セルビア、ラオス、ベルギー、ベトナム、スウェーデン、トルコ、ロシア、ミャンマー、カンボジア、フィンランドなど。

タイ観光・スポーツ省によると、上半期の外国人旅行者数は12%増の1,940万人。中国人は26%増の590万人で、通年では1,000万人を突破する見通しだ。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

スマートドライブが現法設立(07/07)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

中国物流百世、東南ア3カ国でサービス開始(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン