• 印刷する

中国人の海外旅行先、上半期はタイが1位

中国・国家観光局傘下のシンクタンクである中国旅遊研究院(China Tourism Academy)と、中国の大手オンライン旅行会社(OTA)の携程旅行網(シートリップ、Ctrip)が共同で実施した調査によると、今年上半期(1~6月)の中国人の海外旅行先は、タイが引き続き首位だった。13日付バンコクポストが報じた。

海外旅行者数は前年同期比15%増の7,130万人で、中国の200以上の都市から130カ国・地域に旅行した。人気の旅行先は順にタイ、日本、ベトナム、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、ロシア、米国、カンボジア。旅行者が急増しているのは、セルビア、ラオス、ベルギー、ベトナム、スウェーデン、トルコ、ロシア、ミャンマー、カンボジア、フィンランドなど。

タイ観光・スポーツ省によると、上半期の外国人旅行者数は12%増の1,940万人。中国人は26%増の590万人で、通年では1,000万人を突破する見通しだ。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン