• 印刷する

中国人の海外旅行先、上半期はタイが1位

中国・国家観光局傘下のシンクタンクである中国旅遊研究院(China Tourism Academy)と、中国の大手オンライン旅行会社(OTA)の携程旅行網(シートリップ、Ctrip)が共同で実施した調査によると、今年上半期(1~6月)の中国人の海外旅行先は、タイが引き続き首位だった。13日付バンコクポストが報じた。

海外旅行者数は前年同期比15%増の7,130万人で、中国の200以上の都市から130カ国・地域に旅行した。人気の旅行先は順にタイ、日本、ベトナム、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、ロシア、米国、カンボジア。旅行者が急増しているのは、セルビア、ラオス、ベルギー、ベトナム、スウェーデン、トルコ、ロシア、ミャンマー、カンボジア、フィンランドなど。

タイ観光・スポーツ省によると、上半期の外国人旅行者数は12%増の1,940万人。中国人は26%増の590万人で、通年では1,000万人を突破する見通しだ。


関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

飼料製造PP、風力発電事業の新会社設立(13:23)

テイクオフ:「ヤワラート通り(中華…(11/21)

今年の車生産、2百万台確実 国内好調で5年ぶり大台回復へ(11/21)

10月の車輸出3%増、オセアニアが急回復(11/21)

レムチャバン港運営権入札、30社超が参加(11/21)

日本フルハーフ、来年に冷蔵車ボディー生産(11/21)

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(11/21)

空港高速鉄道の入札、2連合が資格審査通過(11/21)

バンコク路線バス運賃、来年に引き上げ検討(11/21)

バンコクエア、MROと免税店を強化方針(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン