• 印刷する

エアソウル、任天堂スイッチを無料貸し出し

韓国航空大手のアシアナ航空傘下の格安航空会社(LCC)、エアソウルは13日、韓国任天堂と協力し、機内で家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を無料で貸し出すサービスを実施すると発表した。爆発的な人気で世界で品切れが続いたスイッチの導入を通じて、顧客満足度を高める考えだ。

エアソウルは同日、韓国任天堂と業務提携を締結した。両社で連携を深めて、マーケティング強化による顧客層の拡大も目指す。

スイッチの貸し出しは、21日から東南アジア路線を中心にサービスを開始。飛行機の離陸後に先着順で利用できる。ゲームソフトは「スーパーマリオオデッセイ」と「マリオカート8 デラックス」の2種を用意する。

エアソウルによると、ニンテンドースイッチは、世界で1,967万台(2018年6月末基準)を売り上げた大ヒットゲーム機だ。

21日から一部路線でサービスを開始する(エアソウル提供)

21日から一部路線でサービスを開始する(エアソウル提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国人のヒルマン監督が…(11/15)

ASEANシフトは複合要因か 米中貿易戦争の影響は(11/15)

Xマス団体旅行、日本は苦戦 香港株安と貿易戦が重しに(11/15)

ソウル市が日系企業を表彰 技術移転と社会貢献を評価(11/15)

サムスンバイオ、株の売買を当分中止(11/15)

サムスン、新型AP「エクシノス9」公開(11/15)

ロッテ情報通信、デジタル戦略を公開(11/15)

関税撤廃の拡大へ努力、韓ASEAN首脳会議(11/15)

現代自ジェネシス、LG電子から車載機器(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン