政府、燃料輸出入の新規投資を凍結

ラオス政府は、石油燃料の輸出入事業に関する新規投資受け付けを凍結する方針を明らかにした。政府は2017年10月に発布した首相令に、石油輸出入会社を5~6社程度に絞り込むことや、給油所の出店規制を強化することなどを盛り込んでいる。 ビエンチャン・タイムズ(電子版)によ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北部とバンコク結ぶ航空路線、運航再開(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

BCPG、9月にラオスから越向け送電開始(06/28)

ラオスからの買電、25年に4倍の200万kW(06/28)

燃油調達、政府が2億米ドルの信用状発行(06/27)

中央銀行、外貨両替に上限額など規制を導入(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン