• 印刷する

テイクオフ:東京五輪のマラソン競技…

東京五輪のマラソン競技のために、突如浮上した日本のサマータイム導入論。システム対応が間に合わないという意見のほか、健康への影響を懸念する声も上がっているが、実感を持って「反対」に1票投じたい。

朝7時スタートでも熱中症が懸念されるため、開催期間を含めた夏に時計の針を2時間早めたいようだが、開始する日は日本と時差2時間のタイやベトナム、インドネシアといった国からの出張帰りとちょうど同じ状態となる。頻繁に行き来する人からは「何を軟弱な」と怒られそうだが、軽い時差ボケのような感覚であまり好きになれない。

ならば1時間早めるサマータイムなら良いかというと、オーストラリア在住時に体験済み。開始日が日曜でも月曜まで気づかずに遅刻してくるスタッフが必ずいて、やはり面倒だった。電力削減効果もあまりないらしいので、まず採用されないとは思うのだが。(竹)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「結構小さい施設なのに…(09/26)

コスト吸収に限界、米中対立が市民にしわ寄せ(09/26)

リオンが空港に騒音観測機、ベトナム初(09/26)

駐車場の増設が本格化 渋滞緩和(上)供給追いつかず(09/26)

新イノベーションセンター開所 NEC、セキュリティー技術紹介(09/26)

【リーダーに聞く】物流・ジプニーの革新を生む マイキャブ、タクシーは第1歩(09/26)

日中がAI開発で連携へ、先端技術の政府間対話(09/26)

日系のヘルステック投資加速 医療ギャップ解消へ大きな需要(09/26)

日本含む米以外の市場を開拓 追加関税に対抗、中国政府(09/26)

OPEC原油需要4千万バレル、40年見通し(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン