• 印刷する

テイクオフ:東京五輪のマラソン競技…

東京五輪のマラソン競技のために、突如浮上した日本のサマータイム導入論。システム対応が間に合わないという意見のほか、健康への影響を懸念する声も上がっているが、実感を持って「反対」に1票投じたい。

朝7時スタートでも熱中症が懸念されるため、開催期間を含めた夏に時計の針を2時間早めたいようだが、開始する日は日本と時差2時間のタイやベトナム、インドネシアといった国からの出張帰りとちょうど同じ状態となる。頻繁に行き来する人からは「何を軟弱な」と怒られそうだが、軽い時差ボケのような感覚であまり好きになれない。

ならば1時間早めるサマータイムなら良いかというと、オーストラリア在住時に体験済み。開始日が日曜でも月曜まで気づかずに遅刻してくるスタッフが必ずいて、やはり面倒だった。電力削減効果もあまりないらしいので、まず採用されないとは思うのだが。(竹)


関連国・地域: 日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

アルプス技研が職業訓練校 農業、介護分野で高度人材を(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

テイクオフ:ほろ酔いで深夜の繁華街…(11/16)

日本製工業品の海外展開支援 東京センチュリー、補助制度活用(11/16)

岐阜県、県産製材を売り込み 海外初の常設展、ヒノキなどPR(11/16)

三重県知事、かんきつの輸入規制緩和を要請(11/16)

ICMG、地場社と起業支援事業で提携(11/16)

三井住友銀、メトロバンクとセミナー開催(11/16)

ジェトロ、デジタル系新興企業ツアーを実施(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン