• 印刷する

レイザーペイ、来年1~3月期に提供開始

ゲーム用周辺機器メーカー大手の米レイザー(Razer)は来年1~3月期に、シンガポールで同社の電子決済システム「レイザーペイ」の提供を開始する計画だ。レイザーの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のミンリャン・タン氏が7日、自身のフェイスブックページで発表した。

タン氏は昨年、リー・シェンロン首相が施政方針演説(ナショナル・デー・ラリー)で電子決済の普及を推進する考えを打ち出したことを受け、ツイッターを通じて同首相に共通電子決済システムの導入を提案。その後、33ページに及ぶ正式な提案書を政府に提出していた。具体的には他の事業者が開発する共通システムもしくはレイザーのシステムを活用し、シンガポールで共通の電子決済システムを構築する内容だった。

タン氏は今回、これまでにシンガポールで共通の電子決済プラットフォームを大規模に展開している事業者はいないとして、「2019年1~3月期にレイザーペイをローンチする」と表明。レイザーペイの利用を希望する事業者、消費者の登録受け付けを開始した。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール人と日本人…(01/22)

イノベ重視も人材確保が課題 国内企業、予算案で助成策期待(01/22)

インフレ期待指数、3カ月前からほぼ横ばい(01/22)

インディージャパン、初の海外拠点(01/22)

デンカ、球状アルミナの製造設備設置(01/22)

べテル常用者の口腔ケア商品展開で資金調達(01/22)

東急ハンズ、空港の複合施設に4号店出店(01/22)

ビーロット、ニセコで高級住宅の管理受託(01/22)

JR西日本と日本旅行、地場GOQUOに出資(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン