• 印刷する

レイザーペイ、来年1~3月期に提供開始

ゲーム用周辺機器メーカー大手の米レイザー(Razer)は来年1~3月期に、シンガポールで同社の電子決済システム「レイザーペイ」の提供を開始する計画だ。レイザーの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のミンリャン・タン氏が7日、自身のフェイスブックページで発表した。

タン氏は昨年、リー・シェンロン首相が施政方針演説(ナショナル・デー・ラリー)で電子決済の普及を推進する考えを打ち出したことを受け、ツイッターを通じて同首相に共通電子決済システムの導入を提案。その後、33ページに及ぶ正式な提案書を政府に提出していた。具体的には他の事業者が開発する共通システムもしくはレイザーのシステムを活用し、シンガポールで共通の電子決済システムを構築する内容だった。

タン氏は今回、これまでにシンガポールで共通の電子決済プラットフォームを大規模に展開している事業者はいないとして、「2019年1~3月期にレイザーペイをローンチする」と表明。レイザーペイの利用を希望する事業者、消費者の登録受け付けを開始した。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

グラブが新サービス、人気店の出前に特化(21:04)

テイクオフ:シンガポールが世界に誇…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

電力小売自由化が11月本格始動 12事業者参入、来年5月完全開放(09/24)

三井製糖、砂糖販売SISを子会社化(09/24)

ソニー生命とスターツ証券、保険代理店を開業(09/24)

株価大幅続伸、金融DBSは3.2%高(09/24)

SIA、エアバスの超長距離機を世界初受領(09/24)

大型バーゲンGSS、来年は1カ月に短縮(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン