EV新目標、5年で15%普及 政府は規制緩和で後押し

インドのガドカリ道路交通・高速道路相は、5年後に電気自動車(EV)の普及率を15%以上とする新たな目標を打ち出した。達成に向けて、商用車を運行する際に求めている認可取得の義務や、完成車メーカーが車両をテスト販売するために必要な要件を撤廃した。インド自動車工業会(…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

パイロット、北部に現法設立へ(15:12)

タイヤCEAT、南部工場の能力倍増へ(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

自賠責保険料の引き上げ承認、来月から適用(05/27)

GSTの税率区分見直し、物価上昇で困難に(05/27)

現代自、SUV「ベニュー」累計30万台突破(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン