• 印刷する

外国人売り越し、年初来最低に

マレーシア産業開発金融(MIDF)系のシンクタンク、MIDFリサーチによると、マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)での外国人による売り越しは先週1,530万リンギ(約4億1,000万円、速報値)となり、週ベースで年初来最低となった。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

年初来の外国人による売り越しは先週末までに86億リンギで、同社が集計対象としている東南アジア諸国連合(ASEAN)の株式市場で2番目に少なかった。

8月の売り越し規模は9,740万リンギで、7月の16億リンギに比べ大幅に減少した。売り越し規模は5月から4カ月連続で縮小している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:レジ袋に20セン(約5…(03/21)

デビットカードで現金離れ 電子マネー躍進も、主流は従来型(03/21)

田辺三菱製薬、KLに販売子会社設立(03/21)

2月の訪日マレーシア人、3.9%増の3.6万人(03/21)

RM=27.4円、$=4.07RM(20日)(03/21)

カザナ、今年後半にMASへ追加資金注入(03/21)

T7グローバル、海洋サービスで2社と合弁(03/21)

農園PLS、ドリアン栽培へ事業多角化(03/21)

フィンテック、国内最大のナイトクラブ買収(03/21)

マーシン、総額2800万リンギでデジタル化(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン