• 印刷する

仏トタル、給油所4カ所を新設

給油所を展開する仏トタルは、カンボジアの首都プノンペンに給油所4カ所を新設した。全て幹線道路に立地し、オイル交換機能などを備えている。クメール・タイムズ(電子版)が3日伝えた。

カンボジア法人のアシフ・イクバル社長は「利用者は住宅や職場により近い場所にトタルの給油所を求めている。小さな都市でもサービスを提供できるようにしたい」と述べた。

トタルは、1993年からカンボジアで事業を展開している。今回の新設を含め、給油所は75カ所に増加。給油所に併設するコンビニエンスストアは30店となった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 天然資源サービス

その他記事

すべての文頭を開く

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

輸出手続きの簡素化、政府は6千万ドル減収(01/22)

ワールドブリッジ、貴重品輸送で米社と提携(01/22)

18年の税収、13.4%増の約22億ドル(01/22)

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発(01/22)

郵政省、中小企業支援で業界の課題など調査(01/22)

不動産詐欺、登記や開発案件の有無に注意を(01/22)

カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志(01/22)

EUのコメ課税は貿易法違反 商業省が批判、法的措置も検討(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン