• 印刷する

キャセイの7月旅客1.1%増、貨物も3%増

香港の航空大手、キャセイパシフィック航空は17日、7月の旅客数が前年同月比1.1%増の315万2,973人(延べ人数、以下同じ)だったと発表した。2カ月連続のプラスとなったが、伸び幅は前月から3ポイント鈍化した。搭乗率は0.1ポイント下落の86.7%。

貨物の取扱量は2.9%増の18万4,935トンで、伸び幅は前月から2.9ポイント鈍化した。積載率は1.6ポイント上昇の70.3%。数値はいずれも100%子会社のキャセイドラゴン航空(国泰港龍航空、旧香港ドラゴン航空)を含む。

同社は7月の旅客部門について「例年7月は出張の需要が伸び悩むが、今年はプレミアムクラスの需要が旺盛だった。エコノミークラスの收益率も、短距離路線を中心に改善した」と説明した。ベルギー・ブリュッセル線、アイルランド・ダブリン線、デンマーク・コペンハーゲン線の就航に伴い、欧州路線が引き続き好調だったという。

貨物部門は「日本、東南アジア、米国からの中継貨物量が増えた」と振り返った。一方で、世界貿易に影響を及ぼす可能性がある外部要因を今後も注意深く見守ると指摘した。

1~7月の旅客数は前年同期比1.8%増の2,063万7,677人だった。搭乗率は0.5ポイント下落の84.6%。貨物取扱量は6.8%増の122万3,186トンで、積載率は2ポイント上昇の68.6%となった。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカオの旅行物価指数、18年は1.88%上昇(18:54)

MICE業界が長期苦境か 展示場不足やホテル料金上昇で(01/16)

香港訪問の本土団体ツアー数、18年は3%減(01/16)

本土客の香港旅行、平均消費2.1万ドル(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

香港の1Q輸出「悪くない」、業界団体(01/16)

江蘇省、香港に「一帯一路」向け投資会社(01/16)

IT業界、待遇改善で従業員囲い込み(01/16)

女性取締役なし、香港は3割=ACWI銘柄(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン