地震から2年、復興は着々 世界遺産目指し変わるバガン(上)

ミャンマー中部の遺跡都市バガンが、マグニチュード(M)6.8の地震に襲われてから24日で丸2年となる。2011年の民政移管後、観光誘致の旗印ともなってきた都市は、各国の支援を受けて懸命に復興を推進し、今年1月には念願だった国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録に…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

感染者、地方でも増加 ヤンゴン周辺や主要都市に(10/01)

コロナ感染、累計で1万2千人超え=29日夜(10/01)

大型催事場、新型コロナ治療施設に次々改装(10/01)

デジタル決済、今年は7%成長=英OBG(10/01)

公務員への車両輸入許可、商業省が詳細発表(10/01)

バゴーの47工場が閉鎖、労働者数万人が苦境(10/01)

ヤンゴンのタクシー、郡区間移動に許可必要(10/01)

独マクロの倉庫、世銀の環境配慮認証を取得(10/01)

総選挙アプリが稼働、候補者の情報など提供(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン