• 印刷する

香港エクス、有料サービス収入が世界9位

米調査コンサルタントのアイデアワークスカンパニー(IWC)によると、航空会社が運賃以外に設定する有料オプションサービスで、香港の格安航空会社(LCC)、香港エクスプレスは、有料サービスからの乗客1人当たりの収入が世界で9番目に多かった。

荷物のチェックイン手数料や機内食、事前座席指定などの有料オプションサービスが対象。香港エクスプレスは昨年、有料サービスから、乗客1人当たりで平均32.52米ドル(約3,600円)の収入があった。収入のうち、荷物に関する手数料が7割近くを占めた。

IWCによると、首位は米LCCのスピリット航空(50.97米ドル)だった。アジアからは香港エクスプレスのほか、マレーシア系LCC大手、エアアジアの長距離部門であるエアアジアX(33.12米ドル)が8位に入った。

トップ10のうち、6位のオーストラリアのカンタス航空(42.55米ドル)、7位の米ユナイテッド航空(38.83米ドル)を除き、全てLCCが占める結果となった。


関連国・地域: 香港米国
関連業種: 運輸サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:平日の午後、ランタオ島…(11/14)

結婚関連支出が2年連続上昇 500万円超え、過去最高額に(11/14)

新鴻基系モール、4Qは35%増収へ(11/14)

中国カセン、SEZ内で物件開発(11/14)

ネット通販のゴシップ、増資を獲得(11/14)

習主席が香港訪問団と会談、4つの要望(11/14)

大湾区参画で委員会を設立、マカオ政府(11/14)

アプリで身分確認、HSBCが中小向けに(11/14)

続伸、主力銘柄に買い戻し=香港株式(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン