• 印刷する

ダイビル、2億4千万$でシドニービル取得

不動産の所有・経営・管理などを手掛けるダイビルは14日までに、中国系建設請負業者ジョン・ホランドがシドニー中央商業地区(CBD)で計画するオフィスタワー「275ジョージストリート」建設プロジェクトを取得すると発表した。ダイビルは取得額について非開示としているが、14日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューは約2億4,000万豪ドル(約193億円)としている。【NNA豪州編集部】

ダイビルの広報担当者はNNA豪州に対し、シドニーやメルボルンで優良物件の投資を模索していると述べた。また、オーストラリアへの社員駐在などについて、現在は予定していないが検討していると述べた。

同社が取得するビルは、建設と管理をジョン・ホランドが行う。来年1~3月に建設を開始する。完工は2020年6月の予定だ。

ダイビルが取得するオフィスビルは敷地面積626平方メートルの地上15階建て、地下3階建て。下層階が商業スペースとなっており、貸床面積は7,274平方メートルに上る。

ダイビルはプロジェクト管理を、米金融サービス会社TIAA傘下の不動産投資管理会社THリアル・エステートに委託する。

商船三井傘下の同社は、既に進出しているベトナムのほか、オーストラリア不動産市場への投資機会を過去1年間模索していた。【同じトピックの記事8月7日付】


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

JFEスチール出資の豪炭鉱、日本へ初出荷(16:32)

テイクオフ:オーストラリアの有名ミ…(01/24)

豪建設入札費、最大4.9%上昇 労働者不足や原材料費上昇で(01/24)

西シドニー空港高速道、建設に追加費用か(01/24)

NSW州与党、主要道へのEV充電施設設置(01/24)

〔政治スポットライト〕労働党、QLD州に水素産業ハブを公約(01/24)

財務省、失業率上昇時の家計負債水準を懸念(01/24)

豪政財界、気候変動への対応が急務に(01/24)

中国人CEO、成長市場のトップに豪選ぶ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン