• 印刷する

カレーのCoCo壱番屋、越1号店オープン

「カレーハウスCoCo壱番屋(ICHIBANYA)」のベトナム1号店が、ホーチミン市で12日に開店した。ハノイや中部ダナン市といった都市部を中心に、向こう5年で10店舗にすることを目指す。

壱番屋は8日、「カレーハウスCoCo壱番屋」のベトナム1号店をオープンした。開店のセレモニーでテープカットをする関係者ら=ホーチミン市

壱番屋は8日、「カレーハウスCoCo壱番屋」のベトナム1号店をオープンした。開店のセレモニーでテープカットをする関係者ら=ホーチミン市

同日に開催されたオープン記念パーティーには、在ホーチミン日本総領事館の河上淳一総領事や日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所の滝本浩司所長などが参加した。カレーハウスCoCo壱番屋の1号店は、ベトナム国内で最高層となる81階建て「ランドマーク81」内の商業施設「ビンコムセンター」の2階にオープン。日系のスーパーマーケットやコンビニエンスストアへの総菜の提供やレストラン事業などを手がけるロータス・グループがフランチャイズ(FC)展開する。

ロータス・グループのレ・バン・マイ社長はあいさつで「日本でカレーライスが国民から支持されていることを実感した。今ではCoCo壱番屋のカレーライスを食べるとほっとするほどカレー好きになった」と話した。また、タイやシンガポールのCoCo壱番屋が現地の人たちでにぎわう様子を見て、ベトナムにもカレーライスの文化を紹介したいと思ったという。「健康的で美味しいカレーライスで皆さんを笑顔にしたい」と語った。

メニューは、定番のカツカレー(11万8,000ドン=5米ドル、約560円)やほうれん草カレー(7万8,000ドン)、キッズメニュー(5万3,000ドン~)など。ごはんの量と辛さの調節が可能。辛さは、甘口・普通・1~5辛(5辛=日本の10辛に相当)を好みに合わせてオーダーできる。そのほか、海外店舗では定番のオムレツカレーも種類が豊富でサラダやフライドポテトなどのサイドメニューも充実している。

イベントには、主にアジアなど海外事業を展開する壱番屋インターナショナル香港の中村広佐総経理も出席。ベトナムでは今後、ハノイやダナンなどでの展開も視野に入れ「5年以内に10店舗を目指す」と話した。CoCo壱番屋は、日本国内をあわせて世界に約1,460店舗を運営している。海外事業としては2015年のフィリピン以来、アジア10カ国・地域目の進出となった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

【フィンテック】スマホ決済額、15年の14倍に 中銀は普及後押しも寡占は望まず(12/13)

移転価格税制に対策を、大垣共立銀セミナー(12/13)

ホンダ、11月の二輪販売数は8%増(12/13)

アムルライス、ベトナムの新規制を懸念(12/13)

チュオンハイ、起亜「セラト」の新型発売(12/13)

日立、家電マーケティング戦略を強化へ(12/13)

グラブのウーバー買収、競争当局が調査継続(12/13)

18年の航空旅客、13%増の1億人の見通し(12/13)

ゴム輸出価格が下落、米中貿易戦争の余波(12/13)

HCM市、4回目のバス広告スペース入札へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン