• 印刷する

独自の原発標準制定を推進、国際化も目標

中国国務院(中央政府)は9日発表した原子力発電の標準化作業の強化に向けた指導意見で、中国独自の原発の標準(規格)を確立し、これを世界標準(グローバルスタンダード)化していく姿勢を鮮明にした。2019年までに、中国の原発の発展段階に適応する独自の標準体系を構築し、22年までに、国内の原発プロジェクトに際して独自標準を採用する比率を大幅に引き上げるとする目標を設定。さらに、27年にはトップクラスの「原発標準強国」となり、世界の原発標準化で主導的役割を果たすとしている。

自国の技術をベースとし、これまで進めてきた原発建設で得た経験と研究成果を十分に活用し、独自の統一的な原発の標準を制定する方針。一方で、標準化に関わる国際組織や国・地域と、原発の標準化の分野で協力や交流することをうたった。同分野で中国の国際的影響力を高めると同時に、原発の輸出促進を目指す。

原発の標準の情報化作業を進めるプラットフォームを設けることもうたった。原発分野のハイエンド人材の育成と海外の優秀な人材の引き入れも掲げる。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン