【新PUV】始動したジプニー近代化(下) ペソ安打撃、部品の現地化に課題

本格的に始動したフィリピンの公共交通車両(PUV)近代化プログラムには、課題も多い。ドゥテルテ政権は、優遇策を講じる方針だが、新ジプニー(フィリピン式乗り合いバス)の販売事業者からは、ペソ安による生産コストの上昇を懸念する声が聞こえてくる。部品を輸入に依存する…

関連国・地域: 中国フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首都圏と周辺州、30日まで外出制限延長(06/14)

テイクオフ:「登録した?もう打った…(06/15)

ヤクルト、南部に新工場 生産7割増、国内の販売拡大へ(06/15)

新型コロナ、新たに6426人感染(06/15)

5月の新車販売4.6倍、コロナ反動続く(06/15)

首都圏、15日から夜間外出制限を緩和(06/15)

州境の検問継続、外出制限緩和でも(06/15)

三輪タクシー運転手の接種会場、20日に開設(06/15)

フィリピン航空、月内に民事再生申請か(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン