• 印刷する

労働省など、縫製業の最低賃金協議を開始

カンボジア労働省は、縫製業に適用する2019年の法定最低賃金について、労働組合などとの協議を開始した。クメール・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

労働省によると、8月中は最低賃金の算出に用いる指標の設定について協議し、9月には経営者と労組の交渉を開始する。最低賃金の協議では、家族構成やインフレ率、生活費などの社会的指標、企業の生産性や国の競争力、労働市場、産業の収益性、貧困率などの経済的指標が考慮される。

カンボジア衣料業界労働者民主組合連盟(CCAWDU)のアス・トーン代表によると、現在は生活費の調査を進めている段階。データが集まり次第、労組間の協議を実施するという。

今年の縫製業の法定最低賃金は、月170米ドル(約1万8,800円)に設定されている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

映画館レジェンド、19年に3カ所開業(12/10)

ネット利用者1250万人に拡大、通信当局(12/10)

不動産協会、加盟企業が100社突破(12/10)

IP電話詐欺、中国人230人超を強制送還(12/10)

恐竜テーマパーク、19年に開業(12/10)

殺人未遂疑いで39歳男逮捕、カンボジア人軽傷(12/10)

縫製工場の透明性改善 法令順守44%に、医療など課題(12/07)

仏トタル系、太陽光発電事業で新会社登記(12/07)

プノンペン商銀、支店内のカフェ設置を拡大(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン