• 印刷する

労働省など、縫製業の最低賃金協議を開始

カンボジア労働省は、縫製業に適用する2019年の法定最低賃金について、労働組合などとの協議を開始した。クメール・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

労働省によると、8月中は最低賃金の算出に用いる指標の設定について協議し、9月には経営者と労組の交渉を開始する。最低賃金の協議では、家族構成やインフレ率、生活費などの社会的指標、企業の生産性や国の競争力、労働市場、産業の収益性、貧困率などの経済的指標が考慮される。

カンボジア衣料業界労働者民主組合連盟(CCAWDU)のアス・トーン代表によると、現在は生活費の調査を進めている段階。データが集まり次第、労組間の協議を実施するという。

今年の縫製業の法定最低賃金は、月170米ドル(約1万8,800円)に設定されている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

元野党党首の釈放、法の問題 与党、特恵関税停止は「宣伝」(08/17)

1~6月の特恵関税輸出15%増、商業省(08/17)

米が制裁強化、政府関係者などのビザ制限(08/17)

カールスバーグ、カンブリューの株買い増し(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

中国資本、カンポット州に関心(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

プノンペン、違法駐車の取り締まり強化(08/17)

工業省、農村部の上水整備を促進(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン