• 印刷する

《日系進出》三浦工業、シンガ販社が支店

産業用ボイラー製造大手の三浦工業(愛媛県松山市)は8日、シンガポールの販売子会社ミウラシンガポールがフィリピン支店を設立したと発表した。東南アジアの販売拠点は5カ国目となる。飲料・食品・たばこ業界を中心に需要を取り込む。

完全子会社ミウラシンガポールの支店を、2日付でマニラ首都圏マカティ市に設立した。台湾や日本などから輸入する各種ボイラー、水処理装置などの販売・メンテナンスのほか、ボイラー用薬品を販売する。本社海外事業本部の池内謙一郎氏が支店長に就任。フィリピン人従業員2人との3人体制で、9月末に営業を始める予定だ。

三浦工業はフィリピンで、約30年前から日系企業を中心に、台湾などから輸入した製品を販売し、現地販売店やミウラシンガポールからの出張によるメンテナンスサービスを提供してきた。広報担当者によると、フィリピンの産業用ボイラーの市場規模(同社調べ)は、今年3月時点の蒸発量ベースで1時間当たり1万6,000トン、同社シェアは0.6%。現地の飲料・食品業界では、ボトル洗浄や食品加熱の熱源などに使うボイラーの需要が高まっている。支店開設により、日系以外の現地企業への営業も強化する。

ミウラシンガポールは08年設立で、本社のほか、マレーシアとバングラデシュに駐在所を持つ。三浦工業は、東南アジアでシンガポールに加え、インドネシア、タイ、ベトナムに販売を手掛ける現地法人を置く。域内の生産拠点はインドネシアのみで、フィリピンに建設する予定はないという。


関連国・地域: 台湾シンガポールフィリピン日本
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピンのトランスジ…(12/13)

【モバイル決済元年】グラブ参入で3強時代へ 1億人市場で覇権争い(12/13)

小売りへの外資参入障壁緩和、下院委が承認(12/13)

今年成長率は6.4%、ADBが予測据え置き(12/13)

現代自がHVを来年投入、価格300万円超(12/13)

保険料収入、1~9月は18%増加(12/13)

商銀PNB、初のデジタル支店開業(12/13)

12日為替:$1=52.715ペソ(↑)(12/13)

アボイティス、水上太陽光発電施設を実験へ(12/13)

連邦制に向けた改憲案、下院を通過(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン