• 印刷する

BYDの新車販売、7月は前月比0.7%減

深セン市に本拠を構えるエコカー(新エネルギー車=NEV)中国最大手の比亜迪(BYD)は7日、7月の新車販売台数が前月比0.7%減の3万7,315台だったと発表した。このうち、エコカーが10.0%増の1万8,793台、ガソリン車が9.6%減の1万8,522台だった。

エコカーの内訳を見ると、電気自動車(EV)が6.8%増の8,176台、プラグインハイブリッド車(PHV)が16.3%増の1万27台、バスが28.6%減の578台などとなっている。ガソリン車をセグメント別に見ると、セダンが34.8%減の3,173台、スポーツタイプ多目的車(SUV)が43.3%増の4,941台、多目的車(MPV)が14.5%減の1万408台だった。

1~7月の累計販売台数は26万1,812台だった。このうち、エコカーが9万3,677台、ガソリン車が16万8,135台となっている。

BYDは2018年の新車販売の目標台数を前年実績比46.5%増の60万台と定めている。このうちエコカーは20万台で、うち乗用車タイプは15万台。


関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

フェルダ、中国先物取引を支援 パーム油で大連商品交易所と覚書(11/16)

テイクオフ:ほろ酔いで深夜の繁華街…(11/16)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

省別GDPで2桁成長ゼロに 1~9月、西部がトップ3(11/16)

小型車減税の復活、発改委が否定(11/16)

合晶が上海工場移転へ、現地政府の要請受け(11/16)

3カ国の大手銀、イノベーション拠点を開設(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

海外からの対中投資、1~10月は3.3%増(11/16)

〔政治スポットライト〕豪首相、サミットで外交問題打開目指す(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン