• 印刷する

KCインター、航空事業免許を取得

中国とカンボジア地場企業の合弁で運営するKCインターナショナル・エアラインズは、カンボジア民間航空局(SSCA)から航空事業免許(AOC)を取得した。まず国内路線に就航する。クメール・タイムズ(電子版)が7日伝えた。

7月2日に免許を取得した。就航開始時期は明らかにしていないが、プノンペン国際空港には同社が使用するとみられる短距離向け旅客機エアバスA320が1機到着している。

KCインターナショナルは資本金1億米ドル(約111億円)で、カンボジアで9社目の新興航空会社。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国、域内秩序と成長促進に支援(18:27)

豪銀ANZに不正融資疑惑 当局が調査報告、日系買収に影(10/15)

フン・セン首相、事業環境改善を強調(10/15)

日本政府、地方のかんがい整備に円借款(10/15)

建設省、観光客誘致協力へ3点重視(10/15)

CLMVT、越境輸送改善でワークショップ(10/15)

国産ブランド米、世界大会で最優秀賞(10/15)

お盆の交通事故死28人、負傷者は85人(10/15)

政府批判の政治評論家、北欧に亡命(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン