• 印刷する

オンラインの投資詐欺、3年前から倍増

シンガポールでオンラインの投資詐欺の被害が増加している。K・シャンムガム内相兼法相の国会答弁によると、2015年から17年までの3年間で、警察に被害届が出された詐欺の件数は年間200件から同400件に倍増した。

同相によると、クラウドファンディングなどインターネット上で投資を募るプラットフォームが増え、通貨や株式などを含むさまざまな商品が取引されるようになったことが、被害増加の背景にあるという。

シンガポールでは15年以降、こうした詐欺14件について30人が起訴された。被害件数に対して著しく少ないのは、詐欺の多くが海外発で行われており、シンガポール警察の権限が及ばないため。警察は、引き続き各国当局などと連携し、組織的な詐欺犯罪の摘発に努める方針だ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

タイコン、シンガ系共有オフィス2カ所取得(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

【訃報】古屋浩吉氏(前松屋社長)ほか(08/22)

テイクオフ:自宅のある東部から中心…(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

新医療費助成パッケージ、50年代生まれに提供(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン