• 印刷する

テイクオフ:友人が「最近の子どもた…

友人が「最近の子どもたち」について話し始めた。スマートフォンやタブレットばかり見ていて、ボールの蹴り方を知らなければ、オタマジャクシの捕まえ方も自転車の乗り方も分からないという。確かに画面に夢中になる子どもを頻繁に見掛けるし、人や自然と接する機会が少ないと、ゆくゆく社会問題に発展することも考えられる。

最近、マレーシア社会を揺るがした報道として、こんなものがあった。学校を53日間休み続けた少年を登校させるため、学校側が警察に連絡したというのだ。少年は夜中までゲームに夢中で、朝起きられなかったという。少年の両親はというと、「寝ている息子を起こすのがかわいそうだった」と発言していて閉口した。

どんなに子どもの頃の思い出が素晴らしくても、追体験することはできない。画面を見続けて過ぎ去る時間に「ノー」と言いたい。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小さい頃からマンション…(10/18)

ASEAN、域内貿易が縮小傾向 過去5年で1.5ポイント減の23%(10/18)

環境展、東京都が水素社会に向けた取組紹介(10/18)

RM=27.0円、$=4.15RM(17日)(10/18)

ダイナパック、段ボールメーカーを完全買収(10/18)

ネクストグリーン、パハン工業団地に新規投資(10/18)

セルバ、ラオスの水力発電でOHPを買収(10/18)

TNG、英越境決済会社の6割株取得(10/18)

日本提唱のアジア旅客機構想、マも参加意欲(10/18)

空港のVIPレーンに税関設置、密輸防止で(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン