• 印刷する

超々臨界圧火力、半島部の電力24%を供給

マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナル傘下のテナガ・ナショナル・ジャナマンジュンは、ペラ州マンジュンの超々臨界圧火力発電(USC)4号機(出力100万キロワット=kW)が、マレー半島部の電力需要の24%を賄っているとし、順調に運転していると説明した。6日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。

超々臨界圧は発電効率が高く、二酸化炭素(CO2)の削減効果がある。テナガ・ナショナル・ジャナマンジュンのシャムスル・アフマド社長は、「世界各地で入手しやすく、持続可能なエネルギー源が求められる中、超々臨界圧技術を利用した石炭火力発電を東南アジアで初めて運転していることを誇りに思う」と述べた。シャムスル氏によれば、4号機はCO2強度を最大33%削減できるという。

マンジュン発電所4号機は、4年の建設期間を経て、15年4月に商業稼働を開始した。建設費は60億リンギ(約1,638億円)。17年8月時点での予期せぬ供給停止率は2.4%にとどまり、世界標準の4%を下回っている。

マレーシア国内の電力需要に関しては、2040年には15年比で倍増するとの試算がある。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(13:29)

テイクオフ:「日本は同調圧力が強い…(10/22)

日立物流、低温物流センター開設 イオンと提携で国内配送に特化(10/22)

イオン、ス州クラン店の賃貸借契約で和解(10/22)

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/22)

JAKS、再生エネ発電事業に参入へ(10/22)

KLの超高層ビル、入居契約率が10%に急減(10/22)

エムケイ、7万リンギの破格住宅の建設計画(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

政府、11月15日からSST価格も表示徹底(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン