• 印刷する

上期の自動車輸入22%減、関税調整が影響

中国自動車流通協会によると、上半期(1~6月)における中国の自動車輸入台数は45万2,000台で、前年同期比22.1%減となった。7月1日からの輸入車関税引き下げを前に、消費者が買い控えに回ったことが輸入台数減につながった。経済日報系のニュースサイト中国経済網が6日伝えた。

輸入車の関税引き下げを巡っては、習近平国家主席が4月10日に「博鰲(ボアオ)アジアフォーラム」での演説で、年内の実施を表明した。その後国務院(中央政府)関税税則委員会が5月22日、7月1日から関税番号ベースで139品目の完成車の関税を現行の20~25%から15%に引き下げると発表。中国自動車流通協会・輸入車委員会の王存主任は、習主席が輸入車の関税引き下げを表明した4月から、消費者の買い控えが顕著になったと説明している。

上半期の輸入車販売台数は39万4,000台で9.8%減少した。

一方でブランド別の輸入車台数を見ると、上半期は上位10ブランドの中でレクサスとボルボだけは前年同期比で増加したという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

モバイル決済、2Qは73%増=人民銀(12:35)

香港医思医療、北京企業とクリニックの合弁(12:05)

国内最高の高層ビル着工 中国企業、総工費1.6億ドル(08/21)

テイクオフ:中国ブランドのスマホに…(08/21)

貧困問題解決で3年計画 インフラ整備や産業発展を支援(08/21)

環旭電、ポーランドEMS会社の株式60%取得(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

デベロッパー資金、NEV投資を加速(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

本土からの予防接種旅行が増加、香港に恩恵(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン