• 印刷する

マグウェー総合病院、日本支援の改善事業着工

国際協力機構(JICA)は1日、中部マグウェー管区の中核病院であるマグウェー総合病院改善事業の着工式典を実施した。22億8,100万円の無償資金協力を行い、乳幼児の死亡率が高い同管区の状況に合わせて、産婦人科や新生児向けの治療設備を整備する。

3階建ての新棟を建設し、産科、婦人科、新生児室、集中治療室(ICU)のほか、緊急病棟、不妊治療の診療部門も設ける。新棟は既存の建物と接続して、円滑な治療業務が行えるようにする。2020年4月の完成を予定している。

JICAによると、母子保健医療サービスがまだ十分に整っていないミャンマー国内でも、特にマグウェイ管区は5歳未満児の死亡率が全国平均よりも高い。2014年の5歳未満児死亡率は、出生数1,000人に対して108人に上った。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン新都市開発、土地収用の補償開始(16:38)

18年度外国投資は3割増 開放政策で、シンガポールけん引(10/16)

19年度予算、電力省に最大の割り当て(10/16)

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(10/16)

マンダレー管区、16年以降に2000村を電化(10/16)

地場給油所、航空燃料事業への参入目指す(10/16)

個人商の国境貿易、18年度は590億チャット(10/16)

18年度の縫製品原料輸入、19%増の23億ドル(10/16)

コメ輸出が急減、9月20日までで229万トン(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン