• 印刷する

マグウェー総合病院、日本支援の改善事業着工

国際協力機構(JICA)は1日、中部マグウェー管区の中核病院であるマグウェー総合病院改善事業の着工式典を実施した。22億8,100万円の無償資金協力を行い、乳幼児の死亡率が高い同管区の状況に合わせて、産婦人科や新生児向けの治療設備を整備する。

3階建ての新棟を建設し、産科、婦人科、新生児室、集中治療室(ICU)のほか、緊急病棟、不妊治療の診療部門も設ける。新棟は既存の建物と接続して、円滑な治療業務が行えるようにする。2020年4月の完成を予定している。

JICAによると、母子保健医療サービスがまだ十分に整っていないミャンマー国内でも、特にマグウェイ管区は5歳未満児の死亡率が全国平均よりも高い。2014年の5歳未満児死亡率は、出生数1,000人に対して108人に上った。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

【訃報】秋山努氏(元静岡ガス社長)ほか(09/24)

燃油の国内小売価格、3カ月半で13%上昇(09/21)

日系TVP、情報会社フロンティアに出資(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

記者の釈放要求か、英外相と国家顧問会談(09/21)

性暴力被害の女性支援表明、英外相が訪問(09/21)

SNSでスーチー氏侮辱の男性、禁錮7年に(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン