• 印刷する

未婚男性の49%「養えない」=1111調査

人材紹介サイト「1111人力銀行」を運営する全球華人が実施した男性会社員の結婚・出産事情に関する調査で、未婚男性の49.0%が「相手を養えないため結婚できない」と回答したことが明らかになった。

調査は7月23日から8月1日にかけて、男性会社員を対象にインターネットを通じてアンケート形式で実施した。有効回答数は1,114件だった。

未婚の理由(複数回答)としては、経済的な事情のほか、「相手が見つからない」(47.1%)、「住宅が買えない」(27.5%)、「収入が安定していない」(26.6%)などが続いた。

また既婚の男性のうち、5.0%が「子供がいない」と回答。その理由(複数回答)としては、「養えるか不安」(57.1%)、「経済的に不安定」(50.0%)などが挙がった。

全球華人の何啓聖・副総経理は、「男性が結婚や出産を踏みとどまる背景には、経済的な問題がある」と指摘。20~24歳では全体の62.4%、25~29歳でも30%以上の会社員の月収が3万台湾元(約10万8,600円)以下にとどまっているという行政院主計総処(統計局)のデータや、男性の初婚年齢が2017年は平均32.4歳と直近12年来で最高を更新した内政部(内務省)のデータを挙げ、収入の低さが結婚や出産に影響しているとの見方を示した。

また、子供を持つ男性会社員に子供の数を聞いたところ、「1人」が46.9%と最多で、「2人」は46.3%、「3人以上」は6.7%。「子供を育てるのに必要な世帯収入」の平均は8万5,875元だった。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本囲碁界の7大タイト…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

工作機械、11月輸出がマイナス 中国向け11%減、一部で生産調整(12/12)

鴻海11月の売上高、過去2番目の高水準(12/12)

聯発科技11月は1割減収、今年3番目の低さ(12/12)

PC2社の売上高、11月はそろって減収(12/12)

ノートPC受託5社、11月は明暗分かれる(12/12)

テスコム電機、台湾でサロン向けブランド(12/12)

日本食研が嘉義工場着工、台湾本社も移転へ(12/12)

台湾の航空宇宙産業競争力、27位に急落=PwC(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン