• 印刷する

《日系進出》日系初のネット診療、11月開始

医療サービスを提供するベンチャー企業、ウィンメディックス(東京都千代田区)は3日、フィリピンで今年11月にオンライン診療サービス「ヘイ ドクター」を開始すると発表した。インターネットを通じた日本の医師による診察・診断を可能とする。日本企業がフィリピンでオンライン診療サービスを提供するのは初めて。

10月に現地法人を設立し、現地の日系企業に売り込んでいく。導入費は無料で、月額使用料は1万~3万円。医師との相談・診察・診断といったやり取りは、オフィス内のパソコンやタブレット端末などで、ウェブブラウザーアプリを経由して行う。

ウィンメディックスは2016年3月設立。ベトナムにも現地法人を設立する予定で、フィリピン法人は海外2社目となる。2019年までには、アジア圏40カ国での遠隔診療サービス、日本の医薬品の輸出などに事業内容を広げていく予定。19年9月末までに、年商10億円を目指す。


関連国・地域: ベトナムフィリピン日本
関連業種: 医療・医薬品IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:かつてはH&M、フォー…(01/16)

海賊被害、過去12年で最低 18年はアジア海域で25%減の76件(01/16)

JTBが在留邦人の市場開拓 5店舗目をマカティ市に開設(01/16)

「また日本で働きたい」が9割超、比人調査(01/16)

今年の昇給率は横ばいの6%、転職は下火(01/16)

11月の海外送金受取、2.8%増の23.3億ドル(01/16)

4月までにインフラ融資6件契約へ、日中と(01/16)

税制改革の税収増、1~9月は目標の95%(01/16)

今年輸出額は6%増予想、輸出業者連盟(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン