• 印刷する

休日手当減、顧客へサーチャージは変わらず

オーストラリア国内における多くのレストランやテイクアウト店を含む飲食チェーン店が、オーストラリアの労使裁定機関フェアワーク委員会(FWC)が昨年7月1日からペナルティーレート(日曜・休日勤務などに支払われる手当)の引き下げを実施した後も、顧客へのサーチャージ料金(休日営業時の特別追加料金)を変更していないことが1日に明らかになった。ABCニュースが伝えた。

テイクアウト業界において、カジュアルワーカー(非正規社員)のこれまで平日の175%だった日曜勤務の給与は、昨年7月からの引き下げにより160%、フルタイムワーカー(正規社員)のこれまで平日の150%だった日曜勤務の給与は、同じく135%になっている。

宅配ピザ大手ドミノ・ピザ・オーストラリアを展開するドミノ・ピザ・エンタープライズ(DPE)のセールスアシスタントによると、FWCの決定に基づいて従業員への給与支給を減額したことにより、明らかに賃金支出は減っているという。一方で、顧客へのサーチャージ料金の変更はしていない。

DPEのニック最高経営責任者(CEO)は、顧客へのサーチャージ料金を変えていないことに対し、「顧客へのサーチャージは、従業員に支払うペナルティーレートをまかなう目的だけではない」と述べている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア連邦政府…(10/23)

豪最上位労組、巨大デモ開催へ 経済損失2億5千万$超(10/23)

〔政治スポットライト〕豪与党、補選敗退でエネ政策見直しか(10/23)

中国系ジェメナ、シドニーで大規模水素発電(10/23)

メルボ西部で廃棄物発電、21年に稼働も(10/23)

原子力発電は豪で実現可能=シンクタンク(10/23)

BHP、NSWマウントアーサー炭鉱放出か(10/23)

VIC政府、メルボ北部に高架鉄道建設へ(10/23)

銀行の不正行為を厳罰化=豪金融当局(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン